防犯グッズ情報トップ頁>空き巣に入られたら!

一戸建て住宅の防犯対策と空き巣の手口

マンション、アパートの防犯対策と空き巣の手口

事務所荒らしの防犯対策

店舗の防犯対策、防犯システム

屋外施設の防犯対策

工場、倉庫などの防犯対策


一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯システム 一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯システム

事務所、店舗の防犯システム 事務所、店舗の防犯システム

屋外施設の防犯システム 屋外施設の防犯システム

緊急呼び出しシステム 緊急呼び出しシステムのショッピング

防犯グッズ、買い取り式自主機械警備システム 防犯グッズ、買い取り式自主機械警備システム

防犯カメラ、録画装置のご紹介 防犯カメラ、録画装置のご紹介


防犯グッズ、買い取り式自主機械警備システムのショッピング
防犯グッズ、ホームセキュリティ、買い取り式自主機械警備システムのショッピング

緊急呼び出しシステムのショッピング
緊急呼び出しシステム、非常通報ボタンのショッピング。

電話回線の無い場所で使用できる自動通報型防犯システム
電話回線の無い場所で使用できる自動通報型防犯システム。
倉庫や資材置き場、工場、作業場、仮設事務所などで使用可能なセキュリティシステム。

防犯カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
防犯カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。


防犯グッズ情報.com

もしも空き巣に入られたら!


もしも空き巣被害に遭ってしまったときは、どのような点を確認すればいいでしょうか?

1.まず、部屋の中から何が盗まれたものが無いか、じっくり時間をかけて確認しましょう?
一息ついて時間をかけて、落ち着いてから冷静に部屋中を何度も見渡して、 何か無くなっているものがないか?
※滅多に経験することが無いことですから、時間をかけて落ち着いて何回も確認しましょう。
家の中のモノで位置を動かされているものがないか?
ゆっくりと落ち着いて時間をかけて何回も確認しましょう。


建物の外回りをゆっくり数回歩いて、ガラスや扉、鍵、壁などが動かされていたり、 壊れていたり、手や靴の痕などがついていないかを何度か確認してください。 窓ガラスや足場にした塀や空調機、物置などに足跡や軍手の痕が付いていたりするものです。
木の棒が塀などに立てかけてあったりすると、足場にされたりすることもあります。 家の外側をみると泥棒の侵入した手口や侵入路がわかってきます。
これは後々の家の防犯対策につながってきます。

マンション、アパートの場合、 不動産管理会社や大家さんに事情を説明して鍵を交換される事をおすすめします。


2.警察に盗難届を出しましょう。
何かを盗まれたと確認できれば、警察に”盗難届”を出します。
※紛失したのでは?と思うときは"紛失届"を提出します。
盗難届は可能であれば、コピーをもらい、 もらえない場合は、盗難届の受理番号を聞きましょう。

警察の盗難届けの受理番号は重要です。 後で保険を申請するときには公の機関への届け出の受理番号が必要になります。

カード類や健康保険証、印鑑、印鑑証明、パスポートなどが盗まれたときは、 必ず警察に盗難届けを出しましょう。
公の機関への届け出は、悪意の第三者が盗んだカードや保険証などを悪用してお金を借りられたり、 詐欺行為に使われた時に、 何月何日から本人の手元を離れています、という公の証明になりますので重要です。 保険証の場合は健康組合にも紛失届けを出すことをおすすめします。


印鑑証明書や実印は法的効力が強いので 泥棒に悪用されるとたいへんなトラブルに巻き込まれる可能性があります。 すぐに法務局への盗難届け、使用停止届け、改印手続きなどをされる事をおすすめします。

実印やカード、預金、借り入れなど、身に覚えの無い金銭や権利関係や法律に絡んだトラブルに巻き込まれてしまった時は、 すぐに法律事務所など法律の専門家に1日でも早く相談される事をお勧めします。 法律の専門家に相談した、という安心感は、何者にも変えがたいものです。 法律事務所での相談費用は通常30分5000円程度です。

法律の素人同士で相談しても絶対に解決の方向にはいきません。
また、鍵屋や警備会社、私立探偵、防犯設備士、防犯センターは、 このような法律的な知識はもっていませんしノウハウを持とうともしてません。 彼らはあくまで自らが販売したい、高価な鍵や防犯設備を販売する営業のプロと思った方が正解です。
※彼らは金銭のトラブルなどの事後の対策などには関心がありません。


※防犯設備士とは?
日本防犯設備協会が作った民間の資格。国家資格ではありません。 講習会を受け、且つ、 禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなってから3年を経過していない、 破産者で復権を得ない、 指定暴力団の構成員、 精神病者又はアルコール、 麻薬、大麻、あへん若しくは覚せい剤等の中毒者、 などの項目に該当しなければ誰でも受験できる資格。 試験は年に4回、全国で行われているようです。
※平成22年度の受験要項より。

受験費用は受験料、手数料込みで4万円ほどのようです。 ちなみに、大手警備会社は独自の教育マニュアルを持っていますので、 防犯設備士の資格をほとんど取得していません。


鍵屋さん、鍵業者の選び方
増えている鍵交換業者のトラブル。信頼できる鍵屋、業者選び!
信頼できる業者を選ぶことが一番大切です。 交換した鍵が外部へ流出するようではかないません。
電話帳を見るだけでもわかるように、 フランチャイズ店なども含めて、鍵業者は全国でたいへんな勢いで増えています。 同時に、商売が軌道にのらずに1〜2年ほどで廃業した元鍵屋さんも増えています。

様々な経歴の人がたくさん鍵業界に参入するにつれて、鍵交換に関するトラブルも増えてきているようです。 かなり以前には、窃盗犯グループが鍵の講習会に紛れ込んで、鍵の構造を勉強したり、 ピッキングの練習をしていた(結果的にですが...)という本末転倒の笑えない事件もおきています。
※最近の鍵の講習会は身分確認が厳しくなったようです。


鍵屋さんの仕事は特殊な技術と長年の経験を必要とするたいへんな職業です。 さらに、安全の基本となる御客様の鍵を扱いますので経営者の信用が必須の職業です。

鍵屋さんは、お店の実績と経営者の人柄、信頼度が一番大切です。 新聞やマスコミ、インターネットに大きく広告を出しているから、 大手チェーンだから...、 という理由だけ鍵屋さんを選ぶのは、 個人的にはあまりおすすめできません。
※大手のコールセンターに電話で鍵交換を依頼した場合、 本部の人が直接客先へ来ることは希です。 ほとんどの場合、フランチャイズ契約をして個人開業した業者さんが訪問することとなります。

地域で既に20年、30年以上の営業実績のある古参の信頼と実績のある鍵業者を選ぶ事をおすすめします。 このような古参の鍵屋さんは、取付技術や仕上がり具合(美観)も必ず優れていますし、 地元で長年の実績のある業者さんは、やはり安心感があります。



警備会社の契約について。
警備保障会社の機械警備契約は5年間など長期契約が一般的ですが、 月々の契約料金が高い安い、値引きのセールストークばかりで、 契約期間の長さや中途解約した時に発生する違約金などについて、 口頭ではっきり説明しない営業員やセールスマンが散見されるようです。 このようなセールスマンの活動している警備会社は十分に注意が必要です。
また、警備保障契約を検討する際は、 この警備会社は家と警備員の待機する場所が近いから、というだけでなく、 その待機所に夜間、土日曜日に何人の警備員が常時詰めているのか、 担当の警備員の管理している地域はどこからどこまでなのか、 なども聞き取りして選定をした方がいいと思います。
いずれにしても警備会社との契約は高額な買い物になります。 契約の際は十分に検討をすることをおすすめします。



3.カードや預金通帳が盗まれたときは、金融機関、カード会社に盗難被害に遭ったことをすぐに申告しましょう。
特に、カード類が盗まれたときは、すぐに金融機関、カード会社に使用停止を電話連絡をしてください。 盗まれたことが明らかな場合は、その後に正式な盗難届を提出しましょう。

コンビニエンスストアなどのATMの普及で、 カードの現金引き出しはどこでも24時間可能になってきています。 カードの不正引き出し(利用停止届け)への対応は1分を争います。 大手クレジットカード会社などでは、 カード紛失盗難受付窓口の電話を24時間、年中無休で行っています。 カードが盗まれた、と気付いた時は、まずカード使用停止の届けの電話をしましょう!


4.被害に遭った部屋にカードや通帳など置いてあった場合は、 キャッシュカード、クレジットカードの暗証番号や届出印などは変えましょう。
※盗まれなくても、印鑑は複製されたり、カード情報をコピーされている可能性もあります。


6.火災保険などの特約で、保険の申請ができないかどうか確認しましょう。 住宅総合保険に加入している場合は、 一定の制限付きで盗難によって生じた損害が補償されます。


9.自宅の防犯対策を考えましょう。
防犯対策は、一戸建て住宅と、マンションやアパートとは大きく異なります。

-マンション、アパート-
外から出入りできる開口部の少ないマンションやアパートは、 まず玄関鍵の交換を考えられる方が多いですが、 近年、低層階だけでなく高層階の部屋でも、 ベランダ伝いで空き巣に入られる事例が増えています。 高層階でも、非常階段から簡単にベランダに飛び移れるマンションも多いです。 また、同じ階のどこかの部屋が、玄関から空き巣に入り込まれると、 その後は、ベランダ伝いに同じ階のお部屋全てが空き巣被害に入られる事も多いです。

-一戸建て住宅の場合-
空き巣犯は、玄関のピンポンチャイムを押したり外から電話をかけたりして留守を確認してから犯行に及ぶ場合があります。
一戸建て住宅の場合、玄関からの侵入よりも、縁側やトイレ、浴室など、 表通りから死角になった窓や勝手口を破って空き巣に侵入される例がほとんどです。 家の周囲が木や塀などで囲まれている場合、 または、お隣同士の家と家とが離れている場合、 多少音を立てても周りが気付きにくく、 泥棒にとっては、じっくり時間をかけて、 窓や扉を破壊する余裕も出てきます。 一戸建ての場合は、高価な玄関鍵に交換するよりも、 表から見えにくい窓や勝手口を、 防犯センサーなどで守っていくことからスタートされる事をおすすめします。

 買い取り商品のホームセキュリティシステム
買い取り商品のホームセキュリティシステム。
警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方にもおすすめです。コスト削減、経費削減に。

ご希望の方には無料で詳しい資料を郵送させていただいております。お気軽にお問い合わせください。
商品のお見積もりのご依頼も無料でうけたまわっております。


BBeeホームセキュリティ。警備会社と料金比較。毎月の警備料も配線工事も要らない電池式防犯センサーを使用 BBeeホームセキュリティ-月々の費用なしの低価格ホームセキュリティシステムです。
センサーの配線工事不要、月々の維持費無し。回転灯などオプション機器も多彩な低価格自主機械警備システム。 空き巣を感知すると防犯センサーが警報機本体に無線通報し、 100dBの大音量警告ブザーで賊を威嚇します。 無線式センサーを使いますので、両面テープやネジで簡単かつ短時間でご利用いただけます。 壁や柱への傷も少なく、賃貸マンション、アパート、テナント物件にも設置しやすいシステムです。 引っ越しの際の移設も簡単。
警備会社の警備員の来るセキュリティシステムとは違う、買取式の本格派防犯システム。

店舗荒らし、事務所荒らし対策にも多数ご採用いただいております。


  マンション、アパートの導入例
留守中だけでなく、就寝時の泥棒、強盗の侵入を監視できます。窓やと玄関扉に付いている無線式開閉センサーを 警戒モードにしてお休みいただけます。警戒モード中に窓や玄関扉が開けられると100dbの警報ブザーが威嚇、侵入者の異常を周囲に報せます。
一戸建て住宅の導入例
一戸建て住宅の設置イメージ図。



 (C)Copyright 防犯グッズ情報.com.All rights reserved.

..