防犯グッズ情報トップ頁>防犯グッズ、セキュリティシステムを購入するお店の選び方、見分け方と注意点、口コミ、評判

一戸建て住宅の防犯対策と空き巣の手口

マンション、アパートの防犯対策と空き巣の手口

事務所荒らしの防犯対策

店舗の防犯対策、防犯システム

屋外施設の防犯対策

工場、倉庫などの防犯対策


一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯システム 一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯システム

事務所、店舗の防犯システム 事務所、店舗の防犯システム

屋外施設の防犯システム 屋外施設の防犯システム

緊急呼び出しシステム 緊急呼び出しシステムのショッピング

防犯グッズ、買い取り式自主機械警備システム 防犯グッズ、買い取り式自主機械警備システム

防犯カメラ、録画装置のご紹介 防犯カメラ、録画装置のご紹介


空き巣被害にあったら?被害届などの対処法
空き巣被害にあったら?空き巣に入られたときの被害届などの対処法。 印鑑、カード、預金通帳、保険証など個人情報に伴う紛失物。


防犯グッズ情報.com

防犯グッズ、セキュリティシステムを購入するお店の選び方、見分け方と注意点、口コミ、評判


防犯センサーや火災センサー、ホームセキュリティなどの電子機器は設置や運用にノウハウが必要になることが多いものです。
鍵屋さん、建築業者さんでもこういった電子機器の知識が豊富な方は本当に限られています。

10年ほど前、異業種から副業でセキュリティ事業に参入した業者や、 新規開業の防犯グッズ販売店(鍵屋、防犯設備士、探偵など多種の業種)が爆発的に増えました。 このような業者は売り上げが悪くなるとセキュリティ商品に販売から簡単に撤退するのが特徴です。 現実、10年数年と比べると、防犯システムを扱う業者は一気に減ってしまったようです。


たくさんのセールスマンを抱える訪問販売専門の会社(商品は多彩)など、 営業方法やサポート体制、セールスマンの対応に関係するトラブルもたいへん増えています。

さらに、現在でも
副業、小遣い稼ぎ感覚で安値でインターネット通販をしている会社やお店がたくさん存在します。
急にセキュリティ事業から撤退。
その店で購入した商品のサポートをお願いすると、サポートは一切お断りします、と言われ他の店を紹介された。
電話に出てくれない。
という業者やお店の話も最近増えています。



以下は実際にお客様からお聞きした口コミ情報です。


同じ商品なのに価格が妙に安い。(副業の可能性が高い。売り上げが落ちると、いきなり撤退する例がある。)

商品の細かな質問に関わりたがらない。
細かな説明部分はメーカーのホームページに直接リンクを貼って、こちらを見てください、と対応している。
特に、設定にコツのいる電話通報機能(携帯電話などへ異常を報せる機能)については話を避ける場合が多い。 また、電話回線に接続する機器類だけは高い値段で販売している。(※売りたくないため)


自らの会社は納品書を発行しない。保証書に販売店のゴム印を押さない。
数年後、購入者は商品をどこで買ったかもわからなくなります。商品の問い合わせ先がわからなくなる。


商品の知識がない、質問してもわからない、もともと副業なのでセキュリティの知識を持ち合わせていない。


値段を安くするかわりに、商品サポートは全部他社へお願いしてほしい、と言われた。


点検や修理が必要な時に、一切メーカー任せにされた。販売店は連絡だけで一切取り合わない。
他のお店へ行くように言われた。
商品知識の質問をすると、急に電話にも出てくれなくなった。


○○専門店、○○専門ショップと銘打っているが本業は別の仕事。セキュリティはアルバイト(?)。

ネット販売をしているが、異様に安い値段を出している。
→ホームページを更新せず全く放置している。モデルチエンジや価格変更があっても古いままに状態になっている。


株式会社○○○、有限会社×××の名義でネットショッピングを行っているのに実際はサラリーマンだった!
ほぼ休業中の会社の名前でネットショップを開業している会社もあるようです。 日中はほとんど留守電で電話連絡がなかなか取れない。
社長が昼間は他の会社でサラリーマンをしていた、という話もありました。


商品の実物を見たことがない。
インターネットからコピーした画像だけを使ってネットショップを立ち上げている会社がよくあります。
画像を見ると、自社で商品の写真に撮っているのか、単にコピーなのかすぐにわかります。
上のような会社のネットショップは注意してください。


急に電話に出なくなった。連絡がつかなくなった。
廃業していた。(セキュリティ事業から撤退の場合もあります。)


他社のホームページから無断でイラストや写真をコピーしてパンフレットやホームページを製作し、
訪問営業活動を行っている防犯設備会社。
販売価格がめちゃくちゃの場合があります。
実際にあった話ですが、元々2万円ほどの商品を、
定価5万円 → 今だけのキャンペーン価格3万5千円! と書いたパンフレットを勝手に作って販売していた防犯設備会社がありました。
商品の画像、イラストは無断コピーでした。
その後、メーカーに苦情が入ったのは言うまでもありません。


今にも泥棒に入られそうな感覚に襲われるような危機感をあおり立てる強烈な営業トーク。
警備会社のセールスマンにもよくいるようです。


すすめられて買った商品が希望の内容にまったく合っていなかった。不要な機器がたくさん入っていた。
訪問販売の買取式セキュリティシステムで時々聞きます。
希望の機器を追加注文するとさらに多額の予算がかかる。


防犯システムのフランチャイズ本部が倒産(夜逃げ)をしてしまった。フランチャイズ店も急に廃業してしまった。


他社の商品に悪口を言う。


修理のため購入したお店に保証書を持って行くと面倒くさがられて取り合ってもらえなかった、


セールスマンに購入をすすめられたが、リフォームなどの点検商法でトラブルの多い会社だった、


リース商品(クレジット)の購入をすすめられたが、内容の割にたいへんな高額だった。
セキュリティシステムは一般に馴染みの無い商品ですので、一般の人は平均的な予算がわかりにくいと思います。


資料請求をしただけで毎日セールスマンが訪問するようになった。
警備会社に多い話のようです。


何回断ってもしばらくすると他のセールスマンが訪問してくる。
訪問セールス営業の会社、警備会社によく聞きます。


メーカー(製造元)と混同するような紛らわしいアドレスでホームページを立ち上げてネット販売を行っている。
http://www.○○○(メーカー名、製造元)-○○(ショップ名、会社名).com(net,jp,biz,infoなど)
http://www.○○○(商品名)-○○(ショップ名、会社名).com(net,jp,biz,infoなど)
メーカー直販店舗のように見せかけている。


セキュリティ商品という性格上、アウトレットと称して中古品をネット販売している会社にも疑問に感じます。 たくさんの人や複数の建物で使い回されている事もあるかもしれません。 前の持ち主のところに鍵やカード、リモコン、ID情報など残っていたら?


防犯グッズ、ホームセキュリティは、大切な財産や人の命に直接かかわってくる商品です。
価格だけでなく、販売実績の豊富なセキュリティ専門のお店で ご相談をされることを強くおすすめいたします。

 買い取り商品のホームセキュリティシステム
買い取り商品のホームセキュリティシステム。
警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方にもおすすめです。コスト削減、経費削減に。

ご希望の方には無料で詳しい資料を郵送させていただいております。お気軽にお問い合わせください。
商品のお見積もりのご依頼も無料でうけたまわっております。

BBeeホームセキュリティ。警備会社と料金比較。毎月の警備料も配線工事も要らない電池式防犯センサーを使用 BBeeホームセキュリティ-月々の費用なしの低価格ホームセキュリティシステムです。
センサーの配線工事不要、月々の維持費無し。回転灯などオプション機器も多彩な低価格自主機械警備システム。 空き巣を感知すると防犯センサーが警報機本体に無線通報し、 100dBの大音量警告ブザーで賊を威嚇します。 無線式センサーを使いますので、両面テープやネジで簡単かつ短時間でご利用いただけます。 壁や柱への傷も少なく、賃貸マンション、アパート、テナント物件にも設置しやすいシステムです。 引っ越しの際の移設も簡単。
警備会社の警備員の来るセキュリティシステムとは違う、買取式の本格派防犯システム。

店舗荒らし、事務所荒らし対策にも多数ご採用いただいております。


  マンション、アパートの導入例
留守中だけでなく、就寝時の泥棒、強盗の侵入を監視できます。窓やと玄関扉に付いている無線式開閉センサーを 警戒モードにしてお休みいただけます。警戒モード中に窓や玄関扉が開けられると100dbの警報ブザーが威嚇、侵入者の異常を周囲に報せます。
一戸建て住宅の導入例
一戸建て住宅の設置イメージ図。



 (C)Copyright 防犯グッズ情報.com.All rights reserved.

..